医学部受験 入試情報 面接対策

医学部受験 入試情報 面接対策ならメルリックスオンライン。 合格に欠かすことのできないメルオンならではの詳細分析情報を多数ご紹介。

国際医療福祉大学医学部 一般選抜 面接 の傾向と対策

面接は2回行われ、それぞれ30分。
2回の面接の間には5分程度の休憩が入る。
1回目と2回目とで質問内容が異なる。
面接会場と面接官も異なり、面接内容も記録される。

 

1回目は出願時に提出した志望理由書や活動実績報告書に基づいて志望理由などを聞かれる。
2回目は社会で問題になっているようなテーマに対する自分の意見や考えを求められる。

 

実際の面接での質問内容は以下の通り。

 

<1回目>
・自己紹介(3分で)
・医師、本学志望理由
・併願校
・出身高校について
・自分の短所
・自己PR(2分程度で)
・本学を知ったきっかけ
・国際性のある医師になるには
・国際性とは

 

<2回目>
・テレビやネットでニュースを見るか
・情報をどこから得ているか
・メディアの信ぴょう性の判断基準は何か
・教養とは何か
・自分の性格を一言で言うと
・テーマを決めて面接官と議論
・医師による患者への余命宣告についてどう思うか 

 

1回目の面接では「国際性」についてよく質問される。
本学のアドミッションポリシーに沿った学生像かどうかを問うていると見てよいだろう。
2回目では「社会問題」「ニュース」「教養」が頻出の質問であるから、事前に準備しておく必要がある。
面接時間が30分×2回と非常に長いので、事前に入念な準備をした上で面接に臨んでほしい。

東京慈恵会医科大学医学部 一般選抜 面接 の傾向と対策

個人面接1回とテーマ別面接(MMI方式)5回の計6回。
個人面接もテーマ別面接も7分間である。

 

ローテーション形式でどの部屋から始まるか事前に分からない。

 

個人面接では、受験者自身について問われ「医師の志望理由」「本学の志望理由」「調査書の内容」「医師の社会的役割について」などについて質問される。

 

5回行われるテーマ別面接の部屋では、様々な話題について面接官が質問する。
受験生の解答に対して面接官がさらに質問してくる。
過去のテーマ別面接では、以下のような内容が問われている。

 

【グラフ読解問題】
・職場におけるハラスメント被害に関するグラフから、何が読み取れるか?
・アレルギー、肺炎や近視に関する年代別グラフから、何が読み取れるか?
・熱中症患者の年代別グラフから、言えることは何か?
【選択肢並び替え問題】
・あなたが実習先の高齢者施設で入居者に虐待のアザを発見したらどうするか?
正しい順に自分のとるべき行動を並べよ。
・研究課題に取り組むグループのメンバーが、うつ病であることをあなたに告白した。
研究課題に取り組むのは難しいと言っている。どうする?
【状況設定問題】
・ステイホームでペットを飼い始める人が増えている一方で、飼育が困難になり手放す人がいる。
あなたはどう思うか?またどうすべきか?
・米国の有名大学が学生の選考過程において、人種的多様性の確保のためにアジア人を一律に原点しているのは差別にあたるか?
【絵画読解問題】
与えられた絵画から、その絵画の表す場面や解釈、出題意図を問う。

 

1回あたりの質問時間が決まっているので、質問に対して簡潔に答えられるよう練習しておくようにしよう。
テーマ別面接のテーマは多岐にわたるので、日頃から社会や身の回りの出来事に関心を持ち、自分なりの考えや意見を持つようにしよう。
また考えや意見を伝えるコニュニケーションを心がけよう。