医学部受験 入試情報 英語対策

医学部受験 入試情報 英語対策ならメルリックスオンライン。 合格に欠かすことのできないメルオンならではの詳細分析情報を多数ご紹介。

国際医療福祉大学医学部 一般選抜 英語 の傾向と対策

時間は80分、マークシート方式である。
大問は5題。

 

例年[1][2]では文法・語法が問われる。
[1]と[2]では「短文完成」「語句整序」が出題されている。
[3]の「誤り指摘」は長文形式で、2018年から出題が続いている。
[4][5]は長文読解。
「内容真偽」「空所補充」「脱文挿入」が頻出で、2017年から2021年まで毎年出題されている。
「空所補充」については、比較的長めのものも出題される。
「空所補充」は難易度がやや高いイディオムを知らないと解けないものがある。
「脱文挿入」ではかなり長い文を挿入しなければならない。
英作文については、和文英訳もテーマ型の作文も出題されていない。
全体的にはさほど難しくないものの、問題のやや高めな問題も散見される。
この他2019年には、複雑な「文整序」も出題されている。

 

対策として、まずは単語・文法・語法をしっかりと押さえるようにしよう。
これらの知識は[1][2]の「短文完成」「語句整序」のみならず、長文問題において文や文同士の関係を理解する上で必須の知識である。
国際医療福祉大学の英文のレベルを考慮すると、単語や語法についてはややレベルの高いものまで学習しておくと良いだろう。
英語の全体的な傾向は2017年以来定着したと考えられる。
したがって、過去問対策が大変有効である。
必ず目を通して、解いてみてほしい。
上記の出題傾向を自分の手で解いて実感し、時間配分を意識して演習に取り組まれたい。

東京慈恵会医科大学医学部 一般選抜 英語 の傾向と対策

時間60分、大問3題。

 

2021年度は2020年度同様、長文読解問題が3題出題されている。
語彙はハイレベルで、研究論文から出題されることも多い。
難易度は総じて高いといえる。

 

過去に出題された長文のテーマは「天然痘予防法の確立」「医療現場における日光の重要性」「学習における知識習得に有効な間違え方」「癌の転移のメカニズム」「終末期医療における緩和ケアの効果」「ギャンブラーの錯誤について」「精神的ストレスと心臓疾患の関係」「後天的要因による身体の変化」「リスクと不安について」など。

 

出題形式は空所補充問題、文脈に合った文を選択する内容一致問題。
記述問題については、2021年は英作文のみであった。
2020年には空所補充が出題されていたが、2021年では見られなかった。

 

2021年の英作文は、長文の内容を受けて「種痘の開発で知られるジェンナー博士の天然痘ワクチンの治験のやり方が倫理的に妥当か否か」を理由とともに記述するものであった。
問題文中に語数制限は明示されてはいないものの、B4判解答用紙に4本の線が引かれており、実質的にはこれが英作文の字数制限となっている。
簡潔に自分の意見を述べる事が求められ、受験生は難しく感じたかもしれない。

 

対策としては、語彙、文法や語法を身につけることは大前提となる。
特に語彙に関しては標準以上のレベルまで習得しておくことが望ましい。
その上で内容真偽問題を中心に読解演習を行う。
空所補充も頻出である。
受験生にとって紛らわしい選択肢がよく見られるので、類題を多く解くようにしよう。
英作文では、文法を正しく用いること、基本的な語彙をスペルミスのなく書けるようにすること。
その上で本学の英作文対策としては、日頃から演習等で扱う長文に対して自分の意見やその根拠をまとめるようにすると良い。