東京歯科大学歯学部受験 入試情報 英語対策

東京歯科大学歯学部受験 入試情報 英語対策ならメルリックスオンライン。 合格に欠かすことのできないメルオンならではの詳細分析情報を多数ご紹介。

東京歯科大学歯学部受験 英語 の傾向と対策

例年、大問7題出題で、試験時間は70分である。
記述式も選択式も出題される。

 

◆発音とアクセント
単語が複数与えられて単語の架線部の異同を答える問題と、アクセントの位置を答える問題が出題される。

 

◆文法・語彙・語法
空所補充と整序問題が出題される。基本的な文法や構文の正確な理解が問われる。

 

◆読解
長文のテーマは医療・自然科学分野のものが多い。
内容は決して難解ではなく、比較的読みやすい。
2021年は「イルカが自己を認識する能力」「睡眠の重要性」について出題されている。

 

◆英作文
2021年は短文を書かせる1問のみであった。
2020年については、短い和文の英訳に加えて、与えられた主張に対する賛否とその理由を答えさせる問題が出題された。

 

本学の英語の対策として、まずは基本的な文法や構文を押さえることが重要となる。
文法や構文の理解は読解力の向上にも役立つ。
基本的な問題集を解いたり構文集を暗記して、これらの事項をマスターしよう。

 

読解力については、まずは授業等を用いて教科書レベルの英文を自在に読みこなすことを目指す。
併せて歯・医療・科学に関わる英文を練習問題として解くようにしよう。

 

本学の英語は和文英訳が中心となるので、英文の暗記が有効である。
構文集や英作文の問題集の例文を暗記して、和訳に対して英文が瞬時に出てくるようにしておこう。

東京歯科大学 学校推薦型選抜 英語 の傾向と対策

東京歯科大学の英語は制限時間50分。
長文2題と整序問題が5題される。

 

長文のうち1題は短めで読みやすい内容のもの、もう1題は比較的長めで難しいものが出題される。
医療に関するテーマが出題される。
2021年には「大豆と乳がん」「認知機能と歩行」に関する文章が使われた。

 

英語に関しては、過去問を用いた対策が有効と思われる。
東京歯科大学の出題傾向や医療に関する英文に慣れてほしい。