最新!傾向分析

合格請負人田尻が大学ごとの入試対策から最新の私立医学部・歯学部の動向までを日々配信中

関西医科大学と大阪医科薬科大学の学費値下げの影響は?

関西医科大学が医学部6年間の学費を、これまでの2,770万円から670万円引き下げ、2,100万円とすることを発表しました。
この学費改定で、関西医科大学は順天堂大学医学部に次いで学費負担の少ない医学部となります。

 

学費改定は改定額にもよりますが、受験生は敏感に反応し医学部受験に影響を与えます。
以前、順天堂大学が6年間の学費を一気に890万円引き下げたことで、それまで以上に人気が高まることになりました。
一方で東京女子医科大学が医学部の学費を値上げしたことから、志願者が大きく減少しました。
このように、医学部の学費改定は志願動向に影響を与えます。

 

では、関西医科大学の志願動向はどうなるでしょうか?

 

関西医科大学一般選抜前期の志願者は、多少なりとも増えると考えられます。
しかし、一般選抜後期では、昭和大学医学部日本大学医学部などと試験日が重なったこともあり、志願者が大きく増えることは無さそうです。

 

関西医科大学の医学部学費改定に続き、大阪医科薬科大学も医学部の学費改定を発表しました。
関西医科大学には、大阪医科薬科大学から「事前に連絡があった」とのことです。

 

もともと医学部6年間の学費は、大阪医科薬科大学より関西医科大学の方が371万円安かったのですが、関西医科大学の学費改定でその差は1,141万円にまで開くことになりました。
これを受けて大阪医科薬科大学も医学部の学費改定を行いましたが、それでも関西医科大学との学費の差は741万円まで開きました。

 

関西医科大学との学費の差が開いたといっても大阪医科薬科大学医学部の志願者が急減するようなことは無いと考えていいでしょう。

 

もう一つ気になるのは、大阪医科薬科大学と関西医科大学の両方の医学部に合格した受験生が、どちらの大学を選ぶかです。
この辺りについて、また大阪医科薬科大学の志願者が減らないと考える理由については、メルオンYouTube動画で触れていますので、気になる方は動画をご覧ください。

 

メルオンYouTube動画はこちら:【医学部受験】関西医科大学が学費値下げを発表!受験にはどう影響する?