最新!傾向分析

合格請負人田尻が大学ごとの入試対策から最新の私立医学部・歯学部の動向までを日々配信中

近畿大学医学部は、医学部推薦入試では珍しく「専願」ではなく「併願可」です。
近畿大学医学部の推薦入試に合格して入学手続きをして、そのうえで他の医学部の一般入試を落ち着いて受けることが出来ます。
医学部進学が決まってからの一般選抜の受験ですから、変に緊張することなく力を出し切れると思います。
一般選抜で近畿大学医学部より志望順位の高い大学に合格したら、近畿大学医学部の入学を辞退すればよいのです。

 

私立医学部の学校推薦型選抜(推薦入試)で、「併願可」の大学に関西医科大学があります。
成績上位者ほど関西医科大学に流れる傾向がありますので、近畿大学医学部推薦はチャンスも広がります。

 

この近畿大学医学部推薦入試の問題が変わります。

 

これまで医学部推薦入試の問題は、英語は全学部共通問題、数学と理科は医学部独自問題が出題されていました。
これが、数学も全学部共通問題に変わります。
これまでは、医学部受験に向け頑張っている受験生のレベルに合わせた問題が出題されていましたが、今年から近畿大学の医学部以外の学部を目指す受験生に合わせた問題に変更されます。
医学部受験としては易しい問題になります。

 

数学では数学Ⅲは出題されません。
理科は1科目です。
「受けやすい医学部入試」です。
近畿大学では推薦入試の過去問を公表していますので対策もやりやすいでしょう。
理科は医学部の問題、英語と数学は全学部共通問題を見てください。

 

なお、動画ではもう少し詳しく解説していますので、そちらもご覧ください。

メルオン動画:近畿大学の推薦入試が大きく変わった!