• 最新!傾向分析
  • 私立歯学部の偏差値ランキングを河合塾と駿台予備学校で比べてみたら

最新!傾向分析

合格請負人田尻が大学ごとの入試対策から最新の私立医学部・歯学部の動向までを日々配信中

私立歯学部の偏差値ランキングを河合塾と駿台予備学校で比べてみたら

河合塾と駿台予備校から2023年度入試に向けた、私立歯学部の偏差値ランキングが発表になりました。
河合塾のボーダーライン偏差値は合格可能性50%で、偏差値は2.5刻みになっています。
駿台予備学校のボーダーライン偏差値は合格可能性60%で、偏差値は1刻みになっています。

 

河合塾も駿台予備学校も、「私立歯学部で最も難しい」とする歯学部は、東京歯科大学歯学部です。
河合塾は、東京歯科大学に次いで難しい私立歯学部は昭和大学歯学部としていますが、ボーダーライン偏差値は5も差があります。
一方、駿台予備学校は東京歯科大学と昭和大学のボーダーライン偏差値は、同じとしています。
河合塾は「東京歯科大学と昭和大学歯学部では、東京歯科大学の方がかなり難しい」としていますが、駿台予備学校では「東京歯科大学と昭和大学歯学部の難易度は同じ」としています。

 

愛知学院大学歯学部と日本歯科大学新潟生命歯学部の2つの歯学部の難易度を見てみると、河合塾は「日本歯科大学新潟生命歯学部の方が難しい」としていますが、駿台予備学校は「愛知学院大学歯学部の方が難しい」としています。
河合塾と駿台予備学校では、全く反対のことを言っています。

 

このように、私立歯学部の偏差値ランキングは絶対的なものではありません。
必要以上にとらわれることのないようにしてください。

 

なお、動画ではもう少し詳しく私立歯学部の偏差値ランキングについて解説しています。

メルオン動画:河合と駿台の歯学部偏差値ランキングを比べてみた

 

私立歯学部偏差値ランキング 河合塾・駿台予備学校 2022年6月版比較表

 

大学名 河合塾 駿台
東京歯科大学 歯学部 57.5 50.0
昭和大学 歯学部 52.5 50.0
大阪歯科大学 歯学部 50.0 49.0
日本歯科大学 生命歯学部 50.0 47.0
日本大学 歯学部 47.5 46.0
日本大学 松戸歯学部 42.5 45.0
日本歯科大学 新潟生命歯学部 42.5 44.0
愛知学院大学 歯学部 40.0 47.0
明海大学 歯学部 40.0 45.0
朝日大学 歯学部 37.5 46.0
神奈川歯科大学 歯学部 37.5 45.0
松本歯科大学 歯学部 37.5 43.0
北海道医療大学 歯学部 35.0 45.0
岩手医科大学 歯学部 35.0 43.0
奥羽大学 歯学部 35.0 44.0
鶴見大学 歯学部 35.0 43.0
福岡歯科大学 口腔歯学部 BF 43.0