最新!傾向分析

合格請負人田尻が大学ごとの入試対策から最新の私立医学部・歯学部の動向までを日々配信中

大学入学共通テストの平均点、中間集計発表

1月16日(土)、17日(日)に行われた大学入学共通テストの平均点(中間集計)独立行政法人大学入試センターから発表されました。

 

今回の中間集計は、受験者235,267名の成績を集計したものです。
今年の大学入学共通テスト受験者の約半数の集計です。
例年、この中間集計と最終の集計結果は、ほとんど違いがありませんので、十分に参考に出来ます。

 

中間集計の平均点を前年の、最後のセンター試験の平均点と比べてみると、国語と英語はそれほど変わっていません。
事前には、「国語と英語が最もセンター試験と出題内容の変化が大きく、受験生は苦労するのではないか」と言われていましたが、平均点を見る限り受験生は上手く対応したようです。

 

英語のリスニングも「難化」と言われましたが、平均点は変わっていません。

 

一方、数学は数学Ⅰ・Aも数学Ⅱ・Bも前年のセンター試験と比べて平均点が上昇しています。
数学Ⅰ・Aは7.32点、数学Ⅱ・Bは13.82点も上昇しています。
数学ⅠAとⅡBを合わせると、前年の平均点から21.14点もアップしています。

 

理科を見ると、化学も物理も前年に比べ2点ほど下がっていますが、生物は逆に前年の平均点から15.58点も上がっています。
中間集計では、化学と生物の平均点の差が20.34点あります。
場合によっては得点調整があるかもしれません。

 

ちなみに、生物と物理の平均点の差は、14.25点でした。

 

地理歴史・公民では、倫理と倫理・政経の平均点の高さが目に付きました。

 

大学入試センターでは、5教科7科目合計の平均点は発表していません。
これについては、河合塾や駿台・ベネッセなどが発表する「予想」を参考にしてください。
ただし、あくまで参考です。

 

◆2021年度大学入学共通テスト 平均点(中間集計)

 

教科 科目 平均点 前年平均点
国語 国語 116.05 119.33 -3.28
地理歴史
世界史B 65.79 62.97 2.82
日本史B 66.06 65.45 0.61
地理B 62.52 66.35 -3.83
公民
現代社会 54.34 57.30 -2.95
倫理 71.76 65.37 6.39
政治・経済 51.32 53.75 -2.43
倫理・政経 69.18 66.51 2.67
数学
数学Ⅰ・A 59.20 51.88 7.32
数学Ⅱ・B 62.85 49.03 13.82
理科
物理 58.89 60.68 -1.79
化学 52.80 54.79 -1.99
生物 73.14 57.56 15.58
英語
リーディング 60.35 58.15 2.2
リスニング 57.23 57.56 -0.33